求人はこちら

コロナ経過

2022年07月29日

 陽性になる前からなっての今までの経過
を当事者としてお伝えします。

 土曜までは体調問題なく普通の生活をし、
日曜の午前中までも体調不良なくただ少し
ダルいかなと時折ある症状でした。

 時折あるという理由は寝苦しさでクーラー
をつけたまま寝て、寝冷えしてしまう事が
あるからです。

 それからお昼14時くらいに、あれ?熱が
あがっているかもという自覚症状で体温チェ
ックで38.3度。

 感染対策をしての行動だったのでコロナよ
り寝冷えからな思いながらも自宅内で安静に
していました。

 38度後半の高熱になり夜になっても熱は
下がらず自宅にある簡易検査キッドを実施す
るも陰性。

 しかし次の日の朝も熱が39度まで上がり、
これはコロナの可能性が高くなったと思い、
朝一で、いきいきリハビリクリニックに予約
を取り、抗原定量検査を実施。

 ドライブスルー形式で時間指定され、行く
と10分もかからず検査終了。

 オペレーションの進化は素晴らしかったです。

 解熱剤をもらうのも少しの待機で隣のきらり
薬局さんで処方してもらい30分以内に全てを
終了し、また自宅待機。

 結果が通常より2時間ほど遅れ(再検査する
くらいギリギリのラインだったとの事で)17時
30分に連絡がきて陽性。

 そこからは前3日までに会った方全てに謝罪
と今後についての伝達。

 10日の待期期間の間のアポイントや集まり
の方々への調整や集まり欠席などの伝達。

 症状としては、日曜から火曜までの3日間が
解熱剤を飲んだ時だけが下がるが、39度台の
高熱がずっと続きました。

他の症状として咳がでますが、喉の痛みなど
はない。

 また体温調整がきかず暑い寒いの繰り返し、
節々の痛みなどは若干ありましたが、味覚嗅覚
は問題なし。

 倦怠感やダルさもありませんでした。

 4日目からやっと熱が下がってきて37度台。

 昨日夕方から今日にかけて平熱に戻りました。

 隔離生活は幸い家の作り的にしっかりできる
ので、奥さんに感染をうつす事もなく生活でき
ていますし、生活・療養のカバーをしてくれて
いて感謝しかありません。

 もう暫く隔離生活で自宅療養の日々です☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fifteen − fourteen =

ページトップ このページの先頭へ戻る