求人はこちら

濃厚接触者の判断

2022年05月18日

 コロナ感染がまだまだ下げ止まりの
状況で未だに危機感をもって取り組む
日々です。

 社内でも家族の陽性者、濃厚接触者
などの報告があがってきます。

 コロナ感染プロジェクトメンバーと
しっかり統一した見解の判断していく
事の重要性を先日伝えました。

 判断基準の軸がブレない為に再度、
判断基準のフォーマット(ルール)の
振り返り、作成を伝えています。

 濃厚接触など行政から正式に認定さ
れたのか?

 本人判断、自社判断などの場合は、
起算日、復帰までの基準期日のルール
根拠の明確化。

 期間だけでなく、生活状況における
リスク確認(陽性者が自宅かホテルや
入院か、期間内の生活状況・・・等)

 大切なのは、基準を明確にしてブレ
ない判断をする事と、数字や期日だけ
で判断するのでなく一番重要な「感染
拡大に繋がらない状況になっているか」

 だという事を軸に判断していく為の
取り組みがコロナ感染プロジェクトに
は求められています。

 コロナ感染プロジェクトメンバーに
はかなりの負担をかけながらの取り組
みをして頂き、感謝しかありません。

 引き続きコロナ感染としっかり向き
合い、なるべくプロジェクトメンバー
の負担も軽減する為のフォーマット作
りを早急に作り上げます☆
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + one =

ページトップ このページの先頭へ戻る