求人はこちら

ふるさと

2021年04月14日

 先日休みの日に下関に行った時の写真
です。

 写真の先は私の生まれ故郷である北九
州市の「門司」の風景です。

 久留米にいる時に地元は門司ですと言
うと山口県ねーとよく言われ説明してい
た日々が懐かしいです。

 産まれて高校卒業までの18年間と、
リハ学校を卒業して最初に就職した北九
州の病院で勤めた4年半が地元で過ごし
た時間。

 柳川のリハ学校の3年間と、久留米で
の病院時代、起業から今まででもうすぐ
20年になります。

 地元門司と久留米(筑後地区)で過ご
した時間が逆転する転換期です!

 それでも山と海が見れて、飽きる事の
ない景色は癒しのひとときだなーとこの
景色を見ながら感じ考えました。

 久留米も家も建て、沢山の仲間ができ
これからもずっと居たい、ふるさとにな
っています。

 場所や過ごした時間がどうでも、心の
よりどころになる自分の受け止め方が、
ふるさとという意味では何より大切だな
と思っています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + fifteen =

ページトップ このページの先頭へ戻る