求人はこちら

会議のあり方

2021年10月29日

 仕事において私の今の役割の多くの時間
は「会議」を行っています。

 部署やプロジェクトなど様々な内容での
会議です。

 その内容の具体的には

1.戦略や社長として想う方向性の伝達

2.各部署、プロジェクトの最終決裁

 が主になります。

 多くの案件があり、最終決裁という責任と
結果に結びつく為にその都度、結果に繋がる
為にもっとできる事はないか?

 デメリットやリスク回避になる為に伝える
事はないか?

 という思考で深く考えながら会議と向き合
ってます。

 そして何より大切にしているのは「現場の
視点」です。

 その一つひとつを責任もって決断する為に
依頼している事は「深く考えた根拠とプレゼ
ン資料」です。

 各担当が根拠をもって資料を作り、その内
容の最初のチェックは本部部署です。

 そのハードルを乗り越えた提案書ならほぼ
何も言わなくて決裁になる所ですが、まだま
だ提案書に課題がある事を会議の中では苦言
として伝えています。

 それは内容がダメではなく、結果に繋がる
為には会議前にするべき事があるし、提案書
としてもっと根拠高い内容に仕上げたり一方
向の視点だけでなく、多方面の視点での提案
をする重要性などを伝えています。

 会議のあり方の質を高める為に私の立場で
伝えて結果に繋げていくのみです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =

ページトップ このページの先頭へ戻る