求人はこちら

会社とスタッフの関係性

2021年09月03日

 会社とスタッフにおいて、どちらが上とか
強いとか立場の上下関係で判断はできないと
思っています。

 理由は、会社は会社存続の為に組織として
方針を伝え、スタッフはそれを実行する義務
があります。

 反対にスタッフは納得いかない方針や契約
であれば辞めるという権利があるからです。

 当社の事業はスタッフがいてくれて成り立
つ事業です。

 一人ひとりを大切に想い、向き合っている
ので、強制力はあっても悪質な状況や何度伝
えても同じ方向を向いてくれない状況でない
限り理不尽に辞めさせる事はしない方針です。

 また経営者として、会社存続を諦める(倒産)
という選択肢はありませんし、何があっても
会社を存続していく義務、使命があります。

 それぞれに権利と義務がありますし、それ
に加えお互いのマナーや思いやりを大切にし
きた事を伝え続けてます。

 どんな場面でも自分中心の自己主張を言わ
れても、会社の方針をブレず、決めている中
で理解してもらうように伝えています。

 これがブレると会社の根幹が崩れていき、
スタッフも不満ばかりや、言ったもん勝ちの
組織になり崩壊に繋がります。

 会社の理念にもある「思いやりの心」この
言葉につきます。

 思いやりは思考と行動で感じれます。

 会社としても思考と行動で示しています。

 スタッフにおいて思考と行動での思いやり
が感じれない方はその後どうなっているか?

 本気の本音で向き合い、乗り越えてくれる
方もいますし、残念な退職に繋がった方もい
ます。

 この連続で会社の存続とスタッフとの関係
性があると思っています。

 辞める方も感謝のできる辞め方と、不義理
を感じる辞め方があります。

 これからもスタッフ一人ひとりを大切に真
摯に向き合って同じ方向を向いて頑張ってく
れるスタッフを一人でも多く増やして共に頑
張っていくのみです☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 6 =

ページトップ このページの先頭へ戻る