求人はこちら

4回目ワクチン接種

2022年08月10日

 コロナがBA5への変異株が主になり、まだまだ
感染数は拡大してから、減少してない(下げ止まり)
状態です。

 更にはBA2.75株など更なる変異株が世界で
は猛威をふるう状況になっています。

 今の状況下でできる対策の一つとして「4回目の
ワクチン接種」が重要になってきました。

 少し前までは4回目のワクチンがどういう状況に
なるか分からなかったり、接種後の高熱などの症状
のキツさから、「接種控え」も増えている現実があ
ります。

 そんな中、

 1.60歳以上
 2.18歳以上で基礎疾患を有する人
 3.医療従事者および高齢者施設等の従事者

 が対象に4回目のワクチン接種が開始されています。

 会社として介護、福祉、医療事業を行い、高齢者、
障がい者と接する仕事なので、スタッフにはワクチン
接種を推奨しています。

 特に今回は今までと違い「申請性」で申請しない
とクーポンが届かないルールでの接種(今時点では)
になります。

 コロナプロジェクトメンバー、本部で情報を把握
し、現場に伝達し、各々に動いてもらい、各事業で
管理しながらの体制で取り組んでいます。

 まだエビデンス(科学的根拠)が曖昧な所もあり
ますが、4回目の接種後、3か月程は3回のみ接種
と比べて、感染、発症、入院など重症化のいずれも
半分程度に抑制する効果も報告されています。 

 まだまだ不確かな情報ですし、接種後の熱発など
で接種控えも理解しますが、4回目の接種をする事
で一定の効果がある事も検証されてきています。

 最終的には個人判断になりますが、会社としては
「うつらない、うつさない」を重要に4回目のワク
チン接種についても向き合っていきます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

16 − 14 =

ページトップ このページの先頭へ戻る